創業40年以上の信頼と実績 これからもお客様とともに循環型社会の一翼を担って行きます。

会社案内

会社案内


会社概要


商   号株式会社恵那興業
本   社長野県下伊那郡阿智村駒場2007
リサイクルセンター長野県下伊那郡阿智村伍和3954番地
代 表 者代表取締役 平栗 秀信
資 本 金4000万円
事 業 内 容1.砕石、砂、砂利及び玉石の採取並びに加工販売
2.建築資材の販売並びに工事施工
3.産業廃棄物の収集運搬及び処理業
4.一般廃棄物の収集運搬及び処理業
5.産業廃棄物及び一般廃棄物の再生、加工
6.産業廃棄物及びリサイクルに関する機械の販売
7.土木建築工事の請負及び施工
8.とび、土木工事の請負及び施工
9.石工事の請負及び施工
10.鋼構造物工事の請負及び施工
11.ほ装工事の請負及び施工
12.しゅんせつ工事の請負及び施工
13.塗装工事の請負及び施工
14.水道施設工事の請負及び施工
15.古物の売買
16.金属くずの収集及び販売
17.上記に附帯する一切の業''務
関 連 企 業株式会社アース・グリーン・マネジメント
(公益財団法人)日本容器包装リサイクル協会認定 再商品化事業者
PETボトルを市町村から受け入れ、再生ペレット、フレークとして繊維会社、シート会社等に出荷します。
本社工場:長野県飯田市桐林2254-286
TEL:0265-28-5288 FAX:0265-28-5277


沿 革


 弊社は昭和42年、採石業として創業しました。
その後、行政と地元企業からの要請を受け、採石場の跡地を利用して安定型最終処分地を建設しました。

 わたしたちは資源の有効利用の観点から、いち早く「埋立」から「リサイクル」の転換を図り、最終処分地の隣地にリサイクルセンターを建設し、廃棄物の再資源化を推進してまいりました。

 現在、ISO14001の認証を取得し、最終処分地への埋立量は、全廃棄物の5%以下で推移しております。
 限りある資源を有効にリサイクルするため、今後も更に埋立量を減らすよう努力してまいります。


昭和 63年  埋立処分場の計画発表
昭和 64年  地元説明、埋立計画の審議
平成  2年  産業廃棄物安定型埋立 許可取得
平成  3年  廃棄物収集運搬業許可取得
平成 15年  産業廃棄物中間処理施設 (総合リサイクルセンターを新設)
平成 18年  阿智村一般廃棄物収集運搬 許可取得
       ※随時市町村追加 現在12市町村
       前社長が長野県産業廃棄物協会の会長に就任
平成 20年  社長が長野県産業廃棄物協会の初代青年部長に就任
       一般廃棄物中間処理施設 許可取得
       マニフェスト総合管理システム「CAS」導入
       県下初、全車両にGPS装備して車両管理
平成 23年  インターネットカメラによる場内管理
平成 24年  地域で最初の優良事業者に認定される
平成 25年  発砲スチロールの新型減容固化機導入
平成 26年  小型家電法による各自治体との回収事業開始
        地域の防犯対策として防犯カメラの設置
平成 28年  前社長が一般社団法人長野県資源循環保全協会の会長を辞任
       阿智村小学生の環境教育開催
       長野県下の廃棄物監視委員の勉強会に対応
平成 29年  新型圧縮梱包機の導入

組織図

恵那興業組織図

●収集運搬部門  6名(ルート営業を含む)
   ・収集運搬車両の運行、及び車両管理に関すること。


●リサイクルセンター及び最終処分場部門  14名(アルバイトを含む)
   ・リサイクルセンターでの仕分け及び各施設の運用に関すること。
   ・最終処分場の作業に関すること。


●管理事務部門  5名
   ・リサイクルセンターへの入場管理に関すること。
   ・マニフェスト(電子含む)の管理に関すること。
   ・中間処理施設及び最終処分場の維持管理記録管理に関すること。
   ・収集運搬車両の配車管理に関すること。


●営業部門  3名
   ・見積り作成、お客様との処理方法についての打ち合わせに関すること。
   ・リサイクルに関する処理先との連絡、調整に関すること。

                          平成27年11月30日現在

アクセス

株式会社恵那興業 リサイクルセンターの地図
株式会社恵那興業 - リサイクルセンター
中央自動車道・三遠南信自動車道 飯田山本ICから車で約20分


powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional